Dig Up Artist USA スタッフブログ
アメリカはロサンゼルス発!日英バイリンガルの「シンガー」&「シンガーソングライター」のオーディション企画。 豪華プロデューサー陣による「完全バックアップ体制」の特典付き。君の才能を掘り起こせ!!



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.31  特報!Mayu、音楽の都ナッシュビルでレコーディング!

みなさん、こんにちは。お元気ですか?
今回はDig Up Artist USAスタッフからみなさんへ特報ですよ!

Dig Up Artist USAで最終審査に残った4組のうち、唯一のソロアーティストMayu
音楽の都と呼ばれるテネシー州ナッシュビルで初のレコーディングを行いました。

ロサンゼルスオフィスのほかにナッシュビルオフィスも持つ私たちは、現地の
プロデューサーやミュージシャン達と一緒に3曲デモレコーディングを完了。
Mayuの曲がどのように形になっていったのか、その様子をたっぷりお伝えします。

まず、日本語&英語が混ざった歌詞とそしてギター1本でシンプルに構成された曲を
アレンジしていきます。英詞はMayuの翻訳を元にナッシュビルの有名なソングライター
Roxie DeanとJohn Ramey。

Roxie, John and Mayu

楽曲のプロデュースはButch Bakerとわが社の社長Kaz Horiが担当しました。

Kaz and Butch

初めてのレコーディングに初めて会う本物の先輩ソングライターにMayuも緊張を
隠せません。でもレコーディング中のなごやかな雰囲気と皆の人柄に触れ、
次第に緊張もほぐれていき本来のMayuらしさで歌うことができました。

レコーディング曲はDig Up Artist USA最終ライブ審査でも大人気だった「サンダル」、
手拍子で盛り上がった「Game」、そして最近できあがったばかりの「Namida」の3曲。

アレンジされた曲をたくさんのミュージシャンとともにレコーディングしていきます。
まるで新しい曲に生まれ変わったようです!

ボーカル指導も受け、「こう歌ってみて!」と何度も歌いなおします。
するとだんだん自分らしさが出てきたのか、最終的にはとてもよい仕上がりに
なりました!!

Mayu singing

レコーディングが終わった後は、ソングライターが一同に介し、セッションが
行われました。輪になってひとりずつギターを弾きながら歌うのです。
最初は緊張しためらっていたMayuですが、最後には勇気を出して歌いました。

Songwriter camp

皆でBBQを楽しみながら音楽に浸る夜Mayuにはとてもよい経験になったようです。



そしてMayuはスタッフにこんな感想を聞かせてくれました。


今回ナッシュビルへ行って私一人の為にこんなにたくさんの人たちが真剣に快く
色々してくれて、みんなすごくフレンドリーで、本当に私は幸せ者だと感じました。

一人だと、何をどうすればいいのか分からず、ただ歌うことしか出来なかったと
思いますが、ButchやKazさんと二人でレコーディング中たくさん指導してもらいました。
私が歌ってるときも、ガラス越しにノリノリで体を揺らしてリズムをとってて、
歌ってるこっちも笑ってしまいそうになるくらい楽しんで出来ました。

RoxieとJohnさんたちにも本当に感謝してます。英語の歌詞ができて、
やっぱり英語だと雰囲気もかわるので、新しい曲が増えた感じがします。

ナッシュビルでのレコーディングは本当に夢のような体験で、勉強にもなりましたし
何より楽しかったです!




これからもMayuの活躍をみなさんどうぞ応援してください。
私たちスタッフも引き続きMayuの音楽活動をレポートしていきます。

Everyone

No.41 / 日記 / Comment*0 // PageTop▲

2008.07.22  DJ OGGY ライブやってます!

みなさん、こんにちは。

Yellow StarのDG OGGYが毎週木曜日の夜DJやっています!

DJ OGGY


詳細はこちら↓

REWIND AT ARENA
毎週木曜日

6655 Santa Monica Blvd., Hollywood

18才以上

なんとなんと、DJ OGGYが大サービス!
下記にメールをすれば、フリーで入ることができるそうですよ~

infogvm@gmail.com ←ここにお名前、人数、連絡先を明記して、
              当日3時PMまでにメールしてね


みなさん、一緒にDJ OGGYと盛り上がりましょう!!

No.40 / 日記 / Comment*0 // PageTop▲

2008.07.02  APBプロフィール紹介

みなさん、お久しぶりです!
今回のDig Up Artist USAレポートはA.P.B.のプロフィールを
どどどーーーーんとご紹介いたします。

A.P.B.
APB

2007年ロサンゼルスで結成された男女5人組の
ジャジー・ポップ・ユニット


Brenda K.のしなやかなベースと
Sunday Mitsuruのグルービーなドラムという
経験豊富なリズム・セクションを基礎として

新進気鋭のバイオリニスト、Reikoのクラッシーなプレイと
22歳のギタリスト、Yuのジャジーなプレイを
フューチャーしたサウンドに
Aileのパワフルなヴォーカルが融合したハイセンスなサウンド

それはまさに宝箱のような輝きを放つ

アコースティックな暖かさと洗練されたアレンジで
美しいメロディーが心の隅々にまで満ちていくような感覚

ジャズとポップとアメリカーナを飲み込んだクリエイティブな
音世界が、この宝箱には一杯つまっている!


Aile Vocals
AILE-Dig Up

1997年よりCM、CLUB業界など各業界で活躍する

アレンジャーやDJ達とセッションやライブを重ね
オリジナリティを磨きながら

CLUB系ファッション誌『LUIRE』『WOOFIN’』
ラグジュアリー・カー専門誌『LUXY』でも表紙を
飾るなどモデルとしても活躍

2004年、さらなる飛躍を求め
日本での活動を求める声を振り切って渡米

ニューヨーク・ロサンゼルスにて音楽力の向上に努める


Reiko Nakano Violin/Electric Violin/Vocals
REIKO-Dig.jpg

3歳の時よりViolinを始め
18歳でアメリカ、ボストンのBerklee College of Musicに入学

クラシック、コンテンポラリー・ミュージックはもとより
ジャズやワールド・ミュージックまで幅広く学ぶ

2005年にはViolin Performanceで
Master of Music degreeを取得し
ソロイスト、アンサンブル・メンバーとして活躍

共演者にはMichael Brecker (カーネギーホール),
Charlie Haden, Kenny Barron, Dianna Reeves,
Steven Tyler, Gary Burton, Donna McElroy,
Richard Evans, Matt Glaser等がおり
2007年にはKelly Clarksonのバンドに加入し
全米ツアーを行った


Yu Electric/Acoustic/Classic Guitars
YU-Dig.jpg

2003年高校卒業後
Jazz教育の名門甲陽音楽学院にて学ぶ傍ら
京阪神地区を中心にライブ活動を行い注目され
大阪Blue Note Clubにも出演

2006年、渡米後はジャズシンガー、 Barbara Morrisonや
ピアニストBilly Mitchell、シンガーのKathy McKee等と共演

Pasadena Art & Community Gold Crown Awardでの
演奏経験もあり、ロサンゼルスやサンタモニカの有名ホテルや
ライブ・ハウスでの演奏は常に好評である

日本民謡をコンテンポラリーアレンジで演奏するプロジェクトでは
彼のジャズをベースとしながらも幅広い音楽性と天性の才能が光り
高い評価を受けている


Brenda K. Electric Bass/Viola/Vocals
BRENDA-Dig Up

2008年春からA.P.B.に参加したアメリカ生まれの女性ベーシスト

15歳の時よりプロ・ミュージシャンとしてライブやレコーディングで
活動を続け、Weather Report, Mahavishnu Orchestra,
Thin Lizzy等のメンバーと共演してきた

7年程、日本に住んでいたことがあり、その間、クラシックの
素養を生かしてCassical String Chamber Ensemblesや
アコースティック・デュオでも活躍
またフュージョン・バンドのメンバーとしても活動した

現在は夫とのデュオ・グループtheXilesや、Celtic ensemble
“RiverDance”や“Lord of the Dance”のメンバーを含む
ワールド・ミュージックのグループでもプレイしている

CeltやIrish-styleのフィドルやビオラ 、ボーカルまでもこなす
才女である


Sunday Mitsuru Drums/Percussions/Keyboards/
Mandolin/Dobro/Additional Guitars/Vocals

NEIL-Dig.jpg

1984年以来ロサンゼルスにて
プロデューサー/ミュージシャンとして活動
Marvin Gayeのギタリストとして有名なDavid T. Walkerの
バンド、Warm Heartのメンバーを経て
2000年にはソロ・アルバム「Eclipsing The Past」を
世界12カ国で発売

Bob Giraldiの映画「Dinner Rush」や
アニメーション・ムービー「Sex Slave」等の音楽を担当
John Lennon Songwriting Contestでもジャズ部門のTop5に
入賞した経験を持つ

共演したアーティストも
Stevie Wonder, Carlos Santana, Billy Preston, Stephen Stills,
Joe Sample, Hubert Laws, Wilton Felder, Stix Hooper,
Jeff Porcaro, Steve Lukather, Jay Graydon, Steve Cropper,
Booker T. Jonesなど多数



みなさん、いかがでしかたか?
APBのメンバーの豊富な経験や音楽活動がわかってもらえましたか?
個性的なメンバーが集まってひとつの音楽を作っていくなんて
とっても素敵ですね。

これからもA.P.B.を応援してくださいね~bikkuri01

Dig Up Artist USAスタッフでした星


No.39 / 日記 / Comment*0 // PageTop▲

プロフィール

Dig Up Artist USA

Author:Dig Up Artist USA
アメリカはロサンゼルスにて新人発掘オーディションを開催しました。
担当スタッフであるワタクシがオーディション経過や結果報告、通過ミュージシャンたちをどんどん紹介していきます!最終審査に残ったアーティストはこれからどう活動していくのか!?乞うご期待。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

visitors

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。